二重手術ができるオススメクリニックをピックアップ!

編集部イチオシクリニック一覧

スタッフのつぶやき

二重の手術を失敗させないためには

目はデリケートな部分。もし失敗して目に後遺症が残ってしまったら、とても怖いですよね。そのため、受ける際には、『どうすれば、失敗せず二重まぶたになれるのだろう』と誰しもが考えるものでしょう。その方法は1つ、信頼出来る美容外科を利用することです。口コミで実際に二重整形を受けた人の感想を見たり、カウンセリングを受けたりして、どのように対応をしてくれたかを確認し、信頼できると思った美容外科を利用しましょう。

二重手術について 二重の手術に失敗した例
  • 埋没法で不自然な目に

    まぶたを切開しない二重整形、「埋没法」。まぶたにメスを入れる必要がないので、『まぶたを切る手術なんて嫌だ』という人には最適な二重整形です。しかし、糸がほつれると、作られたラインがなくなっていき、一重に戻ってしまいます。両目とも同じように戻るならいいのですが、どれくらい癒着しているかによって戻り具合が違います。そのため、同じように癒着していなかったら、バランスの悪い不自然な目になってしまいます。ですが、心配する必要はありません。保障制度を設けている美容外科が多く、バランスの良いまぶたへと戻すことが出来ます。

  • 整形のミスで視力低下

    全切開や埋没法などの二重整形。針やメスなど、どの二重整形も専用の機器を使用します。医師も慎重に手術を行いますが、何らかの拍子により、眼球やまぶたを傷つけてしまうことがあります。その結果、視力が落ちてしまい、眼鏡やコンタクトレンズが手放せなくなることも…。埋没法や全切開などの二重整形を受けた後、少しでも目に異変を感じたときは、すぐに医師に相談をしましょう。そして、詳しく診てもらい、"眼球に傷がついていないか"や"まぶたに異変はないか"を確認しましょう。早く処置をすることで、視力が低下するのを防ぐことが出来ます。

  • 手術した傷跡が残る事も

    様々ある二重整形の種類。埋没法は糸を縫い付ける手術なので、そこまで手術跡は目立ちません。しかし、全切開のように大幅な切開をする手術は、切開した分まぶたを縫い付けなくてはいけません。縫い付けるときは、二重のラインに沿った形になるよう行われるので、手術跡が目立つということはそこまでありません。しかし、人によっては半年程度赤みが消えないこともあります。もし、まぶたに手術跡を残したくないのであれば、「埋没法」や「部分切開」などの手術を選びましょう。これらの二重整形は、特に手術跡が目立ちにくいという特徴があります。

  • 腫れや、痛みが辛い

    埋没法や全切開は、まぶたに針を通したり切開したりする二重整形です。腫れや痛みが出てくるものだとしても、この症状が普通よりも激しい場合があります。考えられる原因は、眼球に縫い付けた糸が当たっていることです。ちゃんと縫い付けることが基本なのですが、美容外科によって縫い付けが甘い場合があります。するとはみ出てしまった糸が眼球に当たってしまい、腫れや痛みの症状が激しくなってしまうのです。美容外科に行くことで、痛みや腫れの症状を改善することが出来ます。悩んでいる人は悪化しない内に美容外科に行くようにしましょう。

一重でお悩みのあなたへ 編集部オススメクリニックはこちら

品川美容外科

  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
  • ☆
  • 4.6点
品川美容外科 オススメ!

患者の満足した姿を見るために…!

数多くある美容外科の中でも、知名度を上げている品川美容外科。この医院では、「目元」や「美肌」、「痩身」や「バストアップ」など数多くの美容整形を扱っています。どの治療も、患者に満足してもらえるよう、手術だけでなくカウンセリングからアフターケアまで力を抜きません。医師の技術も確かで、安心して治療を受けることが出来ます。

詳しくはこちら 公式HPはこちら
二重手術ができる! おすすめクリニックをピックアップ