二重手術ができるオススメクリニックをピックアップ!

編集部イチオシクリニック一覧

スタッフのつぶやき

やみくもに冷やせば良いということではないのです!

二重整形手術の後は、腫れを防ぐために氷や保冷剤などを使ってまぶたを冷やす必要があります。しかし!あまりにも長時間冷やすと、逆に腫れてしまう危険性もあるのです。あくまでも患部に熱を持たせないよう、適度に冷やすことを心がけましょう。ただし自己判断は禁物です。必ず手術を施した医師に注意点やケア方法を聞いておきましょう。美しくなった自身をイメージしながらケアを続けることで、より美しい自分になれる…はずです!

二重手術について 術後の注意点

過度な運動は禁物!

二重整形手術によって二重まぶたを手に入れた後は、いくつか注意点があるということを知っておかなくてはなりません。そのひとつに「術後の運動を控える」というものがあります。『大きな手術じゃないし、関係ないだろう…』と考える人もいるかもしれませんが、実は激しい運動をすることで、手術した箇所に腫れが生じてしまうことがあります。そもそも術後の腫れは、炎症を起こすことによりまぶたが熱を持ち、起こってしまうもの。激しく体を動かすことで体温が上昇し、血流が良くなり、まぶたが熱を帯びることで腫れを引き起こしてしまうのです。もちろん、だからといって体を動かしてはいけないということではありません。あくまでも激しい運動を避けるべきであって、日常生活が制限されることはほとんどないので安心して良いでしょう。激しい運動が制限される期間は、受けた二重整形によって異なり、「埋没法」なら約3日、「切開法」なら約1週間といわれています。

過度な運動は禁物!

患部を冷やして安静にすること

美容外科で推奨されているのは、「手術後はまぶたを冷やしておくこと」です。体温が上がることで腫れを引き起こしてしまう可能性がありますが、反対に肌を冷やすことで、この腫れを抑制することが出来るのです。人により、また受けた手術により腫れの程度は異なりますが、二重整形によって起こる患部の腫れは術後すぐ始まり、翌日がピークだといわれています。ここでしっかり冷やしておくことで、まぶたの腫れを効果的に抑えることが出来るのです。冷凍庫であらかじめ氷を作っておき、タオルにくるんでまぶたを冷やすのがオススメです。手術後しばらくは安静にし、刺激しないようにまぶたを冷やしておくことが、ダウンタイム短縮のポイントです。

術後の喫煙は、血流が悪くなり、傷の名折りが悪くなります

利用する方法や美容外科、手術にあたった医師によって差はありますが、二重整形の後、まぶたに傷跡が残ってしまうことがあります。いくら小さい傷跡といっても、常に人の目に晒されている顔に傷があることで、気にしてしまう女性は多いでしょう。出来るだけ早く傷跡を治すために意識すべきポイントとして、「喫煙は避ける」ということが挙げられます。普段からタバコを吸わない人なら問題ありませんが、そうでない人は約1週間は禁煙が必須です。喫煙によって体内を流れる血液に悪影響を及ぼしてしまい、それによって傷の治りがぐんと遅れてしまうのです。初めは辛いかもしれませんが、すべては自身の美のためと考え、根気強く続けてみましょう。

一重でお悩みのあなたへ 編集部オススメクリニックはこちら

品川美容外科

  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
  • ☆
  • 4.6点
品川美容外科 オススメ!

患者の満足した姿を見るために…!

数多くある美容外科の中でも、知名度を上げている品川美容外科。この医院では、「目元」や「美肌」、「痩身」や「バストアップ」など数多くの美容整形を扱っています。どの治療も、患者に満足してもらえるよう、手術だけでなくカウンセリングからアフターケアまで力を抜きません。医師の技術も確かで、安心して治療を受けることが出来ます。

詳しくはこちら 公式HPはこちら
二重手術ができる! おすすめクリニックをピックアップ