二重手術ができるオススメクリニックをピックアップ!

編集部イチオシクリニック一覧

スタッフのつぶやき

日本人が憧れている人気のハーフ目になるには?

海外モデルや海外メディアの影響で、西洋人のような二重幅の広い目が人気です。一重の人が、ハッキリしたこのタイプの二重を作りたい時は、埋没法よりも切開法や全切開法など、メスを使用した二重整形の方が確実です。奥二重または、目が腫れていない人は、糸だけで十分効果が期待出来るため、埋没法が適しています。また、まぶたが腫れている人や弛んでいる人は、たるみや脂肪を取る方法でハーフ目を手に入れましょう。

二重手術について

切開法に比べ瞼に優しい治療もあります。

美容外科で行っている主な二重整形には、糸を使用する「埋没法」、メスを使用する「切開法」や「全切開法」、それから「切らない二重整形」があります。これらは、1度の手術でハッキリと効果が見られる為、人気が高い方法です。また、余分な脂肪をとる「まぶたの脂肪取り」、たるみを取る「眼瞼下垂手術」なども行っています。二重整形以外に二重をつくる方法は、化粧時に自分でする「アイプチ」です。手術方法やメリット・デメリット、ダウンタイムがそれぞれ異なります。個人でまぶたの構造も違う為、同じ手術内容でも結果が変わります。

切開法に比べ瞼に優しい治療もあります。

二重手術の種類一覧

埋没法 詳しくはこちら
埋没法は糸を使用する方法です。メリットとして最も大きいのが、患者の負担がとても少ないことです。また手術時間が短く済み、麻酔も必要ありません。切開によっての腫れがないので、ダウンタイムが短くなります。手術も短時間で大掛かりじゃないため、財布に優しい方法です。この方法は、気に入らなければ糸を抜いて元のまぶたに戻せます。
全切開 詳しくはこちら
脂肪がついていて、腫れぼったいまぶたを持っている人にオススメする方法が、「全切開」です。他の方法とは違い、まぶたについた脂肪を取り除いてから二重整形をします。そのため、パッチリとした二重とスッキリとした目元を、同時に手に入れることが出来ます。手術をする前に、クリームや注射で麻酔をするので、痛みはありません。
アイプチ 詳しくはこちら
二重まぶたにするための方法といえば、「全切開」などが挙げられます。しかし、これらの手術は時間がかかります。また、赤く腫れてしまう場合もあるので、受けた後、安静にしなくてはいけません。しかし、二重にしてすぐ出掛られる方法があります。それは「アイプチ」です。他の方法と違い手術をしないため、腫れることはありません。
まぶたの脂肪取り 詳しくはこちら
日本人に一重が多いのは、遺伝的にまぶたに脂肪が付きやすいからだといわれています。この方法では、まぶたを切開せず、ごく小さな穴から脂肪を吸引します。目が開きにくいという人に特にオススメです。脂肪を取るだけで目が開きやすくなり、目は大きく見えるようになります。また、人によってはそのまま二重になることもあります。
二重の再手術 詳しくはこちら
二重整形の中で時に人気なのが埋没法です。しかし、とても細い糸なので、外れてしまうこともあります。埋没法の糸が取れる原因は、人によって異なります。例えば、無理して幅の広い二重まぶたにした場合や、洗顔時にまぶたを強くこすることも糸が取れる原因です。糸が取れてしまった場合は、再手術を受けましょう。
切らない二重 詳しくはこちら
二重整形は大きく分けると、まぶたを切る治療と切らない治療で分けることが出来ます。手術の方法が違うと、仕上がりも全く違う場合があります。あらかじめ二重整形の種類を理解しておきましょう。まぶたを切らない手術として有名なのが、「埋没法」です。埋没法は、自然な二重整形が短時間ででき、料金が安いのが特徴です。
眼瞼下垂 詳しくはこちら
眼瞼下垂は、まぶたが垂れ下がった状態のことです。このような人は、眠たそうな印象や目つきが悪い印象を持たれることが多いです。眼瞼下垂が起こるのは、目を開ける筋肉が緩んで伸びた状態にあることが原因です。美容整形ではこの筋肉を固定し、目を開けやすくします。まぶたの縦の幅が広がって二重になり、視界が広がることを実感出来ます。
二重手術ができる! おすすめクリニックをピックアップ