二重手術ができるオススメクリニックをピックアップ!

編集部イチオシクリニック一覧

スタッフのつぶやき

全切開を受けた後は、顔の表情に気をつけよう

くっきりとした二重にすることが出来る二重整形「全切開」。受け終わった後、気をつけておきたいことがあります。それは、表情です。日常生活を送るうえで、笑ったり怒ったりという表情は出てしまいます。しかし、表情を動かしすぎると、その分まぶたへの負担がかかってしまいます。そのため、まぶたが通常よりも腫れてしまうことに繋がるのです。少し表情を抑えるだけでもまぶたへかかる負担が減るので、気をつけるようにしましょう。

全切開

はれぼったい方でも、パッチリした二重になります。

脂肪がついていて、腫れぼったいまぶたを持っている人にオススメする方法が、「全切開」です。他の方法とは違い、まぶたについた脂肪を取り除いてから二重整形をします。そのため、パッチリとした二重とスッキリとした目元を、同時に手に入れることが出来ます。しかし、『メスを入れるなら、やっぱり痛いのでは?』と疑問に感じてしまう人がいるでしょう。手術をする前に、クリームや注射で麻酔をするので、痛みはありません。手術跡もまぶたの線に沿った形なので、目立つことはありません。ごく自然な二重を手に入れることが出来る方法です。

施術時間と費用の相場例2014年9月22日調べ

施術時間
30分
術後の腫れ
強い腫れは約1~2週間
料金
7万円台から40万円台(平均25万円程度)
施術時間と費用の相場例

※ 全国的な相場や施術内容になります。

全切開のメリット
全切開のメリットは、半永久的に二重の状態をキープ出来る点です。他の方法とは違い、まぶたについている脂肪を取り除き、二重のラインを作っていきます。二重のラインを切開することで作るため、一重に戻るということがありません。そのため、『1度の二重整形で、長い期間二重を保ちたい』という人に最適な方法です。また、自分が理想とする二重にすることが出来るのも、この二重整形のメリットです。『このような二重にしたい』と医師に相談をすれば、その通りの二重にしてくれるので、満足のいく結果を手に入れることが出来ます。
全切開のデメリット
他の方法とは違い、まぶたを広い範囲で切開します。その分、まぶたにかかる負担も大きいので、他の方法より腫れが酷くなります。切開の傷が治るまで時間もかかるので、ダウンタイムは長めです。場合によって半年近くかかる場合があるので、全切開を受けるなら、適切なタイミングかどうか考えましょう。余分な皮膚を切開するため、まぶたの皮膚は少なくなります。そのため、修正手術を受けたいと思っても、難しいケースがあります。また、腫れがある状態だと修正手術を受けることが出来ないので、腫れが引くまで待たなくてはいけません。

体験者様の声

  • 要望に応えていただき、満足しています。

    医師に話をして、このような二重がいいと要望しました。受けた後に鏡を見てみると、本当に自分が考えていた部分に、二重のラインが入っていました。完全に腫れが引いた状態を、早く見たいです。

    体験者様の声
  • この方法で二重にして本当に良かったっ!

    インターネットで調べてみたら、半永久的に二重の状態が続くと知ったので、全切開をしました!自分が想像していた以上にくっきりとラインが出てるので満足してます!

    体験者様の声
  • 全切開、という方法はいいですね。

    一重で切れ長だったので二重整形を受けても効果が現れないんじゃないか、と考えていました。でも、全切開という方法を受けてみたら綺麗な二重になることが出来たので、びっくりしました。

    体験者様の声
  • 全切開のおかげでメイクをするのが楽しくなりました。

    腫れも完全に引いてメイクをするようになったんですけど、以前よりも楽しいです!まさか、アイシャドウとかアイラインを引いた時、こんなに映えてくれるなんて思いませんでしたもん!

    体験者様の声
二重手術ができる! おすすめクリニックをピックアップ