二重手術ができるオススメクリニックをピックアップ!

編集部イチオシクリニック一覧

スタッフのつぶやき

眼瞼下垂の種類と改善治療の方法について

加齢のたるみで伴った眼瞼下垂の症状は「偽眼瞼下垂」と呼ばれ、通常の眼瞼下垂は症状が軽度から重度に分かれます。まぶたが瞳孔より上位置にあるかどうかなどで判断し、軽度または中度と判断された場合、埋没法という糸を使用する方法を多く用います。しかし、重度と判断された場合は、切開する方法を選択しなければなりません。この方法は30分程度で手術は終わり、1度行えば半永久的に悩まされることはありません。

眼瞼下垂

黒目が大きく、パッチリとした、瞳を大きくする手術です

眼瞼下垂は、まぶたが垂れ下がった状態のことです。このような人は、眠たそうな印象や目つきが悪い印象を持たれることが多いです。眼瞼下垂が起こるのは、目を開ける筋肉が緩んで伸びた状態にあることが原因です。美容整形ではこの筋肉を固定し、目を開けやすくします。手術により、まぶたの縦の幅が広がって二重になり、視界が広がることを実感出来ます。また、効果は半永久的です。二重になることで好印象に受け止められたり、メイクの幅が広がったりとメリットの多い手術方法です。症状に合わせて、「埋没法」と「切開法」が用意されています。

施術時間と費用の相場例2014年9月22日調べ

施術時間
30分程度
術後の腫れ
強い腫れは約1~2週間
料金
30万円程度
施術時間と費用の相場例

※ 全国的な相場や施術内容になります。

眼瞼下垂のメリット
視界が広がることや肩こり、頭痛、うつ病の原因がなくなることが、メリットとして挙げられます。まぶたを切開する方法を用いることで、自然な瞳が手に入ります。そして、二重になることで好印象を与えられます。手術前にデザインを選択出来るため、自分の好み・自分に合った瞳を希望出来ます。保険適用内なので、美容整形のように料金が高額になる可能性が低いです。また、入院の必要がなく、プライベートや仕事の時間を割くことがありません。切開法は、手術の修正がしやすいため、手術終了後に合わない、気に入らない場合、やり直しが出来ます。
眼瞼下垂のデメリット
手術の際に、体全体の筋肉と密接な関係にある筋を損傷する可能性が考えられます。そのため、医療技術がしっかりとした美容外科選びは必須です。治療で失敗しない為にも、事前に調べましょう。まぶたを切開するため、二重にしなければ、傷が目立ってしまう場合が多いため、二重になる可能性が高いです。二重にしたくない人は、切開する際に自分が望むデザインを医師と相談しましょう。また眼瞼下垂手術は糸で固定する為、その糸が緩んでしまえば再発する可能性があります。その他には、切開方法を用いるとドライアイを発症するなどのリスクが考えられます。

体験者様の声

  • 自分の目がイヤで写真を撮られるのが毎回嫌だった…

    本当に自分の目が嫌いで、集合写真は目立たないよう後ろの方で隠れてました。この方法は二重になれると聞いて決心!切開手術で少し腫れたけど、3日で引きました。もう写真嫌いじゃありません。

    体験者様の声
  • 左右の差を無くすことを目的だったが、肩こりも解消された!

    56歳なので美容外科に行くのは抵抗があり、気軽に行ける美容外科を探しました。ついでに二重にも出来たし、肩こりと偏頭痛もなくなり、手術してから良いことだらけです。

    体験者様の声
  • 『今日も眠そうだね』と学校で言われて、悩んでいました。

    二重整形のサイトを友達と見て手術を決めました。切開する方法に抵抗がありましたが、一重が二重になったし、修正可能と知って踏み込めました!眠そうな顔から卒業出来て、ホントに嬉しい!

    体験者様の声
  • 信頼出来る医師に担当して貰って安心しました。

    左右のバランスが取りたくて…。保険適応で安かったし、評価が高い医師に担当して貰えたので、満足してます。切開する方法は怖かったですけど、マスカラやツケマも今では余裕です!

    体験者様の声
二重手術ができる! おすすめクリニックをピックアップ